駆除する為には

実は、ハクビシンは鳥獣保護法の対象となっている為に、簡単に駆除しても良い動物ではありません。
ただ勘違いしてはいけないのが、許可無く捕獲や駆除をしてはいけないだけで、実際に被害が出ている場合は市などに申請する事で許可が貰えます。
許可が下りたら、あとは捕獲しようが駆除しようが何をしても怒られる事はありません。
ですから、ハクビシン駆除を行う場合は駆除の申請を行う必要があるのです。

しかし、素人がこの申請をするのは手間が掛かってしまいます。
そこで、害獣駆除を専門的に行っている業者に依頼をすれば、面倒な申請手続きを変わりに行ってくれます。
これなら、業者に全て任せる事が出来るので、こちら側が何か手続きを行ったりする事はありません。
ただし、ハクビシンを駆除する場合は実際に何かしらの被害を受けてしまった場合に限ります。
近くに住み着いているだけという理由では、駆除する事は出来ないので、被害を受けてしまうまでは申請する事が出来ません。

ハクビシンの特徴

ハクビシンは、木を登る事が得意な動物なので高さがある住宅でも、簡単に侵入してしまいます。電信柱や電線を伝って移動する事もあるので、かなり運動神経は優れています。 More »

具体的な被害とは

ハクビシンは、住宅の屋根裏や床下に住み着く事が多いです。元々は山で生活をしていた野生動物ですが、山が切り崩されてしまった影響で山を下りて街に出てくるようになりました。 More »

 

他にも被害がある

イタチ

ハクビシンが住宅に住み着いてしまうと、糞尿以外の被害を受ける事があります。
それは、ハクビシンがノミやダニを連れてきてしまう事です。・・・

作業内容

牙を向けるイタチ

ハクビシン駆除を害獣駆除業者に依頼した場合、二つの方法でハクビシンを退治する事が出来ます。・・・